お母さんが帰ってくるまで、先生とオンラインで文章読解の練習をしよう

こんにちは、田中 貴です。


東京教育大付属駒場中学・高校を経て、1983年慶應義塾大学経済学部卒業。同年、修学社(学習指導会)に入社。94年同社社長に就任、99年まで務める。2001年1月同社を退社。その後、複数の塾のプロデュースに携わる。中学受験に関する著書や映像教材を発表する一方、中学受験生の負担軽減を図るために、ITを使った学習法を実践。オンライン個別指導システムを開発、フリーダム進学教室を主宰している。

最近の入試では国語ばかりではなく、社会や理科の文章もどんどん長くなっています。

「理科社会で、説明文の読解の試験をやっているようなものだから、国語は物語文だけで良い」と考えている学校もあるようです。

だから、5年生のうちからしっかり国語の読解力はつけていった方が良い。

逆に国語の力がついていけば、そう組み分け対策をせずともクラス分けは維持できるところがあります。実際に上位の子どもたちは大した対策もせずにクラスを維持しているのです。

では、どうすれば読解力はついていくでしょうか。これはやはり練習を積み重ねないといけないところがあります。週に最低1回、塾の授業以外の文章読解の練習をしていくのが良いのですが、実際に取り組めている子は少ないのです。

そこで、塾に行かない日、オンラインの先生といっしょに国語の勉強をしましょう

スタディールームオンラインの5年生の国語の授業にはひとつの狙いがあります。

入試問題は文章の著者が作問するわけではありません。学校の先生が問題を作るのです。したがって本文中にこの答えはこうだ、という根拠がなければいけません。逆に言えばその根拠を探すことで、正解を導き出すことができるようになっているのです。

フリーダム進学教室の5年の国語はそれを踏まえ、文中から根拠をさがす練習をします。具体的には文章の要約を記述で書いていくのですが、その際すでにある程度の文章はできあがっています。ただ肝心な内容を示す部分が空白になっているのです。その部分を文中から探して埋めていく作業をしていきます。

そうすると、文章の内容の理解が進み、実際の読解問題にもスラスラ答えられるようになるのです。読解問題は先生といっしょに答え合わせをしますから、どこが間違っているのか、どこを根拠に答えなければいけないのかもはっきりわかります。

この練習を先生と一緒に毎週1回進めていくだけで、3ヶ月後、半年後に国語の力は大きく変わっていきます。これから5年生を迎えるお子さんにはぜひお勧めしたい学習法です。

フリーダム進学教室5年生国語読解コースの費用は月額21400円(消費税別)です。

授業は週1回、以下の時間割の中からお好きな時間をお選びいただけます。

学校から帰ってきて、お父さん、お母さんが仕事から帰られるまでの時間を有効に使うこともできます

現在、無料体験を受け付けておりますので、以下のフォームからお申込ください。

後ほど係より御連絡申し上げます。なお無料体験に際しましては、インターネットに接続したカメラ付のパソコンもしくはタブレット端末が必要となりますので、そのご準備をお願いします。

何かご不明な点がございましたら、フォーム内のお問い合わせをご利用ください。

みなさまのお申込をお待ちしております。





15:20~16:50~18:20~19:50~



15:20~16:50~18:20~19:50~


フリーダム進学教室

〒224ー0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-23-1
フォレストノースビル301

 

運営会社 株式会社邦学館